{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602000718176767   整理番号:62A0185293

原子炉での研究が宇宙空間での放射線効果を活発化す

Reactor studies simulate radiation effects in space.
資料名:
巻: 10  号: 10  ページ: 8-9,11  発行年: 1962年
JST資料番号: C0397A  ISSN: 0013-4872  CODEN: ELODA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
宇宙空間における放射線の影響についての実験資料が少ないので原子炉での照射実験の資料を拡張して考えることが注目されている。この場合損傷は放射線のエネルギーと断面積とによるが原子炉でのパルス照射の損傷は一時的なものである。有機物の場合には化学結合が破れる。そして重大なのは線量率よりも照射線量が重要なものである。無機物では変位が起る。半導体の中高周波用のものは放射線に対する抵抗が大きい。抵抗体はイオン化にともなうイオンが大きな影響を与えリークを生ずる。一般にプラスチックは105rで変化するが109rまで耐えるものもあるまた磁性体等は影響をうけにくい。しかし材料と回路とをよく考慮ししゃへいすれば放射線の影響をあまりうけないものが得られる;図1(山本格治)
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る