{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602000739980930   整理番号:66A0002770

電子散乱にかける多体効果

Manybody effects in electron scattering.
著者 (3件):
資料名:
巻: 13  号: 124  ページ: 741-758  発行年: 1966年
JST資料番号: D0316A  ISSN: 0031-8086  CODEN: PHMAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Landauの準粒子の理論に従って金属の輸送現象の理論を作ろうとすれば,すべての多体効果を入れた準粒子に対する不純物や音子の散乱振幅を正確に定義する必要がある。これを実行したが,この定義は抵抗計算やフェルミ面決定の散乱ポテンシャルとも矛盾しないことを示した。クーロン反発力と仮の音子を通じての相互作用を共に考慮に入れた;図3表1参13
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る