{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602000836205798   整理番号:58A0063627

海塩粒子の落下による熱帯低気圧内の潜熱放出

The Release of Latent Heat in Tropical Strums Due to the Fall-Out of Sea-Salt Particles.
著者 (1件):
資料名:
巻: 10  号:ページ: 355-370  発行年: 1958年
JST資料番号: E0233A  ISSN: 0040-2826  CODEN: TELLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: スウェーデン (SWE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
雲の高度の空気中に含まれている塩分の重量を推定するため,ハリケーン内の大気中の海塩観測を使用した。次にこの量を用いて粒子が比較的かわいた上層から落下する際に凝結によって下方の湿った層内に放出する潜熱を決定した。これによってハリケーン中央部の温位の上昇が大部分説明される
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る