{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602000939264725   整理番号:58A0046644

熱衝撃理論に関する観察と保留事項 〔熱衝撃に関するシンポジウム〕

Some Observations and Reservations Thermal Shock Theory.
著者 (2件):
資料名:
巻: 57  号: 10  ページ: 678-685  発行年: 1958年
JST資料番号: E0272A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
結晶,大型不均一性物質,およびガラスで結合された窯業品に対しては熱応力に関する理論がほとんどなく,熱衝撃に対する抵抗性を判断する機械的強度の測定にはひび割れの発生を起さぬ熱応力の程度と同じ割合の速度で荷重をかけていかねばならないこと,ひび割れは軟かい包裏物,気孔,または硬いシャモット部分でとめるべきことを示した。討論あり
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る