{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602000942648470   整理番号:58A0061900

帰還を持つ磁気増幅器の研究

Investigations of Magnetic Amplifiers with Feedback.
著者 (1件):
資料名:
巻: EC-7  号:ページ: 213-217  発行年: 1958年
JST資料番号: C0233A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
高速度の計算機系では,電力利得と速度の制約から磁気増幅器は用いられなかったが,帰還の技術を応用して,速度の若干の犠牲の下に,電力利得を改善できた.また,このような回路では,今まで定義されてきたfigure of meritは意味のないことが分り,この種の磁気増幅器では,電圧利得を立上り時間で割った値が一定となる事実で定義すべきであると主張している
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る