{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602000990117770   整理番号:66A0048229

パッキンの漏れとその対策

著者 (1件):
資料名:
巻:号: 12  ページ: 29-40  発行年: 1966年
JST資料番号: G0877A  ISSN: 0385-986X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
パッキン,特にセルフシール・パッキンの漏れと対策について述べる。リップパッキンでは運動状態において若干の漏れが生じ,ロットの運動速度が大きく,油の粘度が高いほど漏れも大きくなる。これを少くするには,シール面に効果的な接面圧力を供給できるような弾性のよい材質と,効果的な接面圧力分布を示す形状とをリップシールに与える必要がある。また,Oリングを往復運動に用いる時には,運動速度が速く,作動油の粘度が高いと,かなりの漏れが生じる。この対策としてはペンタシールの使用があげられる;写6図26表7参7
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る