{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602001006785941   整理番号:60A0095814

132kV系統の開閉過渡現象の実測

Switching transients measured on the live 132 kV system.
著者 (1件):
資料名:
巻:号: T319  ページ: 1-17,F1-F9  発行年: 1959年
JST資料番号: D0513A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
英国132kv送電網の一発電所Cliff Quayにおいて,1956年8月に行なった安定度試験に際し,同発電所母線の再起電圧および回復電圧を,高速度と低速度のブラウン管オシログラフで測定した宿果の報告.実測結果とERAの計算盤で同一系統の故障解析を行なった結果を比較した.試験結果のオシログラムを示し,この種の過渡現象を計算盤で解析する場合の系統定数の選び方,および瞬時回復電圧の定め方を明らかにした.なお再起電圧固有周波数は,発電機単独の場合約900c/s,系統の場合約300箔であった;写3図4表2参7
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る