{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602001109281160   整理番号:60A0010764

核子反跳の入った核力のπ中間子論

Pion theory of nuclear forces with nucleon recoil.
著者 (1件):
資料名:
巻: 117  号:ページ: 1146-1151  発行年: 1960年
JST資料番号: D0323B  ISSN: 0031-899X  CODEN: PHRVA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
重心系で非相対論的速度を持った2核子間のポテンシャルを相対論的π中間子論を用い,核反跳効果を十分に考慮して計算した。このポテンシャルはKleinのそれとは全く異なり,Levyのそれとも多少違っている。核反跳の寄与をπ中間子と核子質量の比に展開すると間違った結果に導くことを示す
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る