{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602001156014706   整理番号:58A0046251

メチルメタクリレートージアリルフタレート(MMA-DAP)共重合体の光弾性挙動に対する組成の影響

Effect of Composition on the Photoelastic Behavior of Methyl Methacrylate-Diallyl Phthalate (MMA-DAP) Copolymers.
著者 (1件):
資料名:
巻: 32  号: 124  ページ: 27-31  発行年: 1958年
JST資料番号: C0337A  CODEN: JPSCA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
一定応力下で複屈折を測定し,交さ度の高い純DAP重合体は高温では完全なエントロビー弾性を示すに至らず,適当な交さ度の数種のMMA-DAPについては完全なエントロビー弾性を示し,交さが全然ない純MMA重合体は高温で光学的係数は極大を示し極大点以上の温度では急に減少し,ガラス領域では共重合組成の影響は高い温度範囲の場合と全く異なる
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る