{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602001207913425   整理番号:58A0010282

プルトニュームの廻転圧延機(密閉操作の問題)

A Rolling Mill for Plutonium.
著者 (3件):
資料名:
巻:号: 39  ページ: 339-343  発行年: 1958年
JST資料番号: D0207A  ISSN: 0029-5507  CODEN: NUENA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
プルトニューム自身やその酸化物の飛散による危険を防止するために,圧延機の部分を密器に納め,高純度のアルゴンガスを循環させ,プルトニュームの飛散と酸化とを防ぐようにしている。圧延機のロールの変換機構や,ミールの運転について詳しく述べてあるが,実験的な段階の装置である
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る