{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602001288930515   整理番号:58A0058097

セレン整流器1958年の展望

The Selenium Rectifier. 1958 - A Survey.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 55-58  発行年: 1958年 
JST資料番号: B0388A  CODEN: DICUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
セレンはシリニンやゲルマニウムに比して安くかつ安全性があるとして現在でもなお多く使われている。最近設計製作の進歩によりセレン整流帯の使用逆電圧は52vに使用電流は1200Aまで増加し周囲温度も125。c・まで使用可能となり寿命も100.000時間にまで延びた
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る