{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602001289740582   整理番号:60A0097664

雷と異常電圧(1960年度CIGRE会議)

Die 18. Tagung der Internationalen Hochapannungekonferenz.Allgmeiner Verlauf der Tagung. Blitz and Uberspannungen.
著者 (3件):
資料名:
巻: 81  号: 19  ページ: 672-673  発行年: 1960年
JST資料番号: B0492A  CODEN: EKZAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 予稿  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
リポータGolde氏は提出報告を,“雷放電特性と地線の効果”,“導入ケーブルを有する電力所の保護”,“開閉異常電圧”,“衝撃電圧測定技術”の4項に分類して報告を行ない,討議が行なわれた.第1項では前回の米国の高い鉄塔で雷撃頻度か異常に増大する報告に対する研究委員会の検討結果の報告,Monte SanSalvat-orの雷実測,架空地線保護効果の模型試験があり,オ2項では保護ギャップの適用と英国の132kVグリッド系の報告があり,オ3項では母線にP.T.のある架空線路しゃ断時の再点弧による異常電圧の報告と,負荷しゃ断時の異常電圧の報があり,矛4項に関しては衝撃電圧測定用抵抗分圧器の報告があった
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る