{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602001313989252   整理番号:58A0062276

練形変調の走向時間装置によるパルス変調

Pulse Modulation Transmitted through a Linearly Modulated Transit-Time Device.
著者 (1件):
資料名:
巻: 46  号:ページ: 1656  発行年: 1958年
JST資料番号: D0384A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: オーストラリア (AUS) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
線型のこぎり波を入れる走向時間変調は近年いろいろ討論されているが,その解析はフーリニ積分を使っているので変調波形が制限される。そこで解析的議論をやめて現象論として理解してみる。その内容として解析手段の拡張を行い,特に応用としてパルス搬送波周波数のズレ,パルスの重ね合せ,などについて述べ,また多重反射パルス増幅器にも触れている 寄書
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る