{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602001321116187   整理番号:66A0063327

旋盤用特殊ゲージ

Inprocess gauge for lathes
資料名:
巻: 10  号: 98  ページ: 436-437  発行年: 1966年
JST資料番号: B0426B  CODEN: CNTLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
切削運転中に回転する加工物の直径を測定する簡単で丈夫なゲージが英国々立物理研究所で製作された。この装置は,加工物の一つの直径を測定する。特殊なショ一つきのパスであ),少量生産のための比較器として考えられている。概観を図示。旋盤のサドルまたはペットに取付けられ,ショーは耐摩粍性の表面をもつように焼入れされたタングステンカー。・イド製である。感度はよい条件のもとでは0.5μに達し,実験結果によるとドリフトは,約2.5μ,さらに測定精度にもふれた;図2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る