{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602001338475784   整理番号:62A0142613

SN比の大きいときの再生増幅器の数におけるガウス雑音によっておこるPCMの信号のゆがみの数の依存性

О зависимости вероятности искажения сигналов импульсно-кодовой модуляции, вызванного гауссо-вым шумом, от числа регенераторов при больших значениях отношения сигнал/шум.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 1294-1301  発行年: 1962年
JST資料番号: R0090A  ISSN: 0033-8494  CODEN: RAELA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
通信線をかんがえ,これが,n個の増幅部分をもっているとき,これに,にせの信号の起こる確率を,この再生増幅器が理想な場合と,理想的なものからすこしずれている場合について述べる。これら,2つの場合について,これから,最適の限界レベルを与える再生増幅器の数を求める.これらの計算は,すべてSN比が十分に大きいという仮足のもとで行なわれている;参1

前のページに戻る