{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602001347115464   整理番号:58A0058590

電話回稼の伝送容量と明りょう度の相関問題

К вопросу о взаимосвязи между прапускной способностью телефонного канала и артикуля-цией.
著者 (1件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 73-74  発行年: 1958年
JST資料番号: R0028A  ISSN: 0013-5771  CODEN: EKVZA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
通話路容量は通話路の品質を表わす最も一般的なものであるが,電話の場合,聴覚などが関係するので明りょう度などを使う。フォルマント明りょう度Aを考えると,通話路容量C との間にC〓KaAなる関係があり通話路の条件を定めればKaは実験的に,また計算でも求められる。 TAH-5による300~2700c/sの普通の市内回線を例にとった計算値を示している
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る