{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602001371034394   整理番号:66A0048487

非触媒性燃焼器におけるの生成

Formation of SO in a noncatalytic combustor
著者 (3件):
資料名:
巻: 88  号:ページ: 165-172  発行年: 1966年
JST資料番号: E0270B  CODEN: JEPOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ボイラやガス・タビンの腐食の主な原因となるS03の生成を少なくする方法を実験的に調べた。その結果(a)過剰空気を減らす,(b)燃料中のいお5分を少なくした燃焼,(c)燃焼系へo空気の漏れを防ぐ,(d)予熱器のような触媒性の表面に耐食性のコディンダを行なう。ことがS03の生成量を少なくさせるoに役立った。燃焼器には最初アルミナ管を使ったが触媒性がある。でステンレス管にかえて,測定ではガスを採取してCO2,02,COとS03iS02をオフレ・ザット装置などで分析し,空気の量と供給位置,触媒表面(z)材質などの影響について図示してある;図12表2#13
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る