{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602001408741355   整理番号:58A0059902

テープレコーダの雑音とハムの軽減

Reducing Tape Recorder Noise and Hum.
著者 (2件):
資料名:
巻: 60  号:ページ: 57-59,98  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0485A  ISSN: 0013-5232  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
家庭用テープレコーダの中には雑音やハムの多いものがある。これらの除去は決して容易ではないが安いから仕方がないとあぎらめるべきではない。初段管の選択,抵抗雑音,不完全消去,バイアス波形,シールド,アース点,直流点火,音量調節器,トランスの位置など雑音の原因を14種,バムの原因を23種めげでそれらの除去対策が述ベてある
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る