{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602001431228134   整理番号:58A0059189

受像機内部のパルスによる部品損傷

Detecting Pulsed Damaged Components in TV Receivers.
著者 (1件):
資料名:
巻: 68  号:ページ: 38-39,88  発行年: 1958年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
水平偏向回路のごとく大きなパノレスが発生する回路では,気がつかぬ故障で真空管を損傷したり,コンンデンサの容量抜けで抵抗を焼くというような意外な故障が有り得る。その例三つを挙げて説明し,その発見にはオシロスコープが有効であると述べた
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る