{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602001471118170   整理番号:58A0016142

伸縮の少ない製版用フィルム

Erfahrungen mit Reprofilmen auf masahaltigen Kunststoffunterlagen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 11  号: 15  ページ: R25-R26  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0344A  ISSN: 0032-3845  CODEN: PLGRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
重くて,こわれやすく,保存に場所を取るガラスに代って,フィルムを使用する傾向にある。フィルムには伸縮が大きいと云う欠点があるがこれを解決するためにポリスチロール,ポリカルボネートのような伸縮の少ない合成樹脂をフィルムベースとしたフィルムが作られ,この使用結果を述べている
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る