{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602001578032049   整理番号:66A0089507

荒天飛行の可能性について

The chance of a rough flight.
著者 (1件):
資料名:
号: 836  ページ: 1-20201-2011  発行年: 1965年
JST資料番号: A0527A  CODEN: ACUPA   資料種別: 技術報告 (T)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
初期の航空機構造物疲労試験においては一定の大きさの荷重を操返して加えた。最近は実際に飛行中,出会うと考えられる突風荷重,操舵荷重および離着陸時の荷重に相似次試験荷重をプログラムして加える方法が多い。かかる疲労試験において加える荷重を実際の値に充分合致させるため,典形的な輸送機が通常の運転で遭ぐうするバンプのひん度の状況を調べた。機体はバイカウント機を用い,計数式加速度計,高度計,速度計を一定時間の間隔で撮影記録した。記録は加速度の大きさによって分類され,数多くの飛行記録の相関関係がしらべられ,他の機体への適用性が検討された;図11表5参3
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る