{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602001585476173   整理番号:58A0055515

しゃ断器を作るにはどんな研究試験が必要か

Industrieschaltgerate erfordern leistungsfahige Ent-wicklungslaboratorien.
著者 (1件):
資料名:
巻: 48  号: 4/5  ページ: 154-163  発行年: 1958年
JST資料番号: A0328A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
しゃ断器を作る際の諸条件は一応VDE規格で規定されている。そこでAEG会社での低電圧しゃ断器の研究には近代設備の整った研究所があり,そこで絶えず規格にかなっているかを検査研究している。本稿では重要な試験方法と回時に新しい測定方法をも記述してある
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る