{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602001586250594   整理番号:58A0059945

中部ヒマラヤ山ろくでの1940Mc電界強度の日変化

Diurnal Variation of Hourly Median Field Strength of 1940 mc./sec. Signal in the Foothills of Central Hima-layas.
著者 (4件):
資料名:
巻:号:ページ: 147-156  発行年: 1958年
JST資料番号: C0312A  CODEN: JITEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: インド (IND) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
中部ヒマラヤ山ろく地帯で2000Mc帯の見通.し内回線(距離69km,送受信高海抜364m組び2296m)で電界強度を1年間受信記録した.1時間の電界中央値は通常夜半過ぎに最大,正午過ぎに最小,日変化は夏季(4~6月)著しく,モンスーン季(7~9月)には複雑になっだ.電界の日変化と気温および湿度の日変化との間に可成り大きい相関があった
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る