{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602001615887971   整理番号:62A0129300

簡単な制御系のループ利得と安定性

Loop gain and stability of simple control systems.
著者 (1件):
資料名:
巻: 23  号:ページ: 151-155  発行年: 1962年
JST資料番号: D0315A  ISSN: 0031-7926  CODEN: PTREA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
制御系の解折は一つはラプラス変換法のような数学的な方法と,もう一つは実際値による近似法によって導かれている。この論文では後者の方法によって制御系の時定数と系の安定範囲内のループ利得との関係を導いている。すなわち,この関係は/KG(0)/≦r1/r2で与えられることを示し,この関係か従来よく知られている制御系を改良するためのいろいろの方法を完全に満足せしめていると述べている./KG(0)/をr1に等しくすれば制御系のレスポンス時間はほほr2に等しくなり,r1には無関係に丈うと論している;図6参4
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る