{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602001646067832   整理番号:58A0070295

鉱業における物理的研究と測定技術の重要性

UEber die Bedeutung physikalischer Forschung und Messtechnik im Bergbau.
著者 (1件):
資料名:
巻: 10  号: 10  ページ: 311-312  発行年: 1958年 
JST資料番号: B0476A  CODEN: ENTEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
物理的研究と測定技術の進歩は鉱業においても著しい発達をもたらした。すなわち,鉱内の問題では空気中のメタンガスやじんあいの中央指令室での遠隔測定や採炭の機械化,坑外の問題では貯炭場管理の合理化,コークス製造過程への制御技術の採用による台理化,石炭の構造の究明,コークス化,ガス化,燃焼の技術的プロセスの基礎研究その他多くの分野で物理的方法による有益な改革が行われた
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る