{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602001714401320   整理番号:58A0020952

融解したNaCl-CaCl2混合物の電解において鉄陰極での電解過程の機構

Механизм катодного процесса при электролизе расплавленной смеси NаСl-СаСl2 на железном катоде.
著者 (1件):
資料名:
巻: 32  号:ページ: 1785-1795  発行年: 1958年 
JST資料番号: R0136A  ISSN: 0044-4537  CODEN: ZFKHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
融解した塩化物中ではより低い電荷のイオンが存在するという仮定より電解の機構を研究した。Ca++e→Ca,2Na+e=Na2のポテンシャルを,CaCl2-NaClの相律より求めた活性度より算出。これは実験値とよく一致する

前のページに戻る