{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602001767820414   整理番号:66A0170641

フランスの化学繊維工業と繊維工業の衰退

L’industrie frangaise des textiles chimiques et la recession.
資料名:
巻: 16  号:ページ: 328-335  発行年: 1966年
JST資料番号: D0502A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
フランス化合繊組合の会長であるPrecgovt氏が去る5月10日の大会で行なった講演の要旨。フランスにおける繊維別の消費量,化合繊のフィラメントやステープルの各工業への割当状況,輸出入状況,各国の繊維製造状況,各種繊維の価格をきれいな表にまとめて年代的変化を加味して解説する。’65年は,どの工業にとっても悪い年であったが,繊維工業に澄いても,原料の消費量の減少となった。化合織が全体の繊維中に占める割合は’63年の35%から’65年には38%へ増加したものの,繊維産業全体としては活動が鈍っている;図8
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る