{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602001786654339   整理番号:60A0079319

ライシメータ浸透液の組成からみた石灰質物質の反応効率

Reaction efficiencies of liming materials as indicated by lysimeter leachate composition.
著者 (2件):
資料名:
巻: 89  号:ページ: 209-218  発行年: 1960年
JST資料番号: E0120A  ISSN: 0038-075X  CODEN: SOSCAK  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
酸性土じょうの反応中和効率は初年度の浸透液中のCa+Mg量が指標となり,この量と土じょう中に吸着されたCa+Mg量とは3年間にわたって一定の比を保ったのでこの比を初年度に測定すれば試料の種類や粒径に関係なく中和効率が算定できる。また浸透液中の硫酸塩と硝酸塩の全陽イオンに対する比は石灰中和の十分であるかどうかの指標となる;図2表4参13
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る