{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年06月
文献
J-GLOBAL ID:201602001816398367   整理番号:58A0059283

過渡安定度の研究への相空間の利用

Use of Phase Space in Transient-Stability Studies.
著者 (2件):
資料名:
巻: 1958  号: 38  ページ: 187-191  発行年: 1958年 
JST資料番号: A0338A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
三次の非線型系の解析に相空間を用いる方法を示しだ。系の応答を図で求めるのに特に役立つもので,電力系の安足度の問題に対して等面積法を用いるのと似ている。相空間の直交軸による断面の図から系の応答を求め.空間の表面から系の安定度の限界を求める
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る