{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602001876679667   整理番号:60A0007310

アンチモン化ガリウムの核磁気共鳴

Nuclear magnetic resonance in gallium antimonide.
著者 (1件):
資料名:
巻: 11  号: 3/4  ページ: 257-262  発行年: 1959年
JST資料番号: C0202A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
69Ga,71Gaおよび121Sbの共鳴に及ぼすN形およびP形不純物の影響を調べた。P形不純物密度約1019cm-3で共鳴強度はGaで60%,Sbで75%減少する.これは核と荷電不純物中心との四重極相互作用による。121SbにおいてP形不純物密度6×l019cm-8で負の周波数シフト1.3kc/sがあり,N形は2×1018Gm-3で同じシフトが起こる。これは二次の四重極効果による。Gaの共鳴にはこのシフトは見出されなかった
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る