{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602001918023040   整理番号:66A0308103

乳牛血しょう中遊離アミノ酸に及ぼす栄養の影響(I)無機塩不均衡を伴った低たんぱく質飼料

著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 202-212  発行年: 1965年
JST資料番号: G0081A  ISSN: 0027-951X  CODEN: NIAHAI  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
高P低Caあるいは高Ca低Pの低たんぱく質飼料で乳牛を飼うと乳量,体重が減少し,筋肉および骨の脂肪,たんぱく質の含量が変化する.血しょう中遊離アミノ酸濃度は摂取したDCP量により影響されるほか,可消化熱量によっても変動する.とくに雌乳牛の低たんぱく質高P低Ca群,雄牛の低たんぱく質高Ca低P群では,グリシン濃度が高かった.無機質の不均衡は骨軟症をおこすと考えられているか,無機質不均衡な低たんぱく質飼料は骨軟症をおこすと思われる.

前のページに戻る