{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602001951358766   整理番号:62A0182359

塩水の真水変換に依存する地域

Where we stand on saline water conversion.
著者 (1件):
資料名:
巻: 31  号: 12  ページ: 38-43  発行年: 1962年
JST資料番号: B0282A  ISSN: 0009-7853  CODEN: CVEGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1000gal1.45ドルで消費者に送られる水はそれ程安いコストではない(普通の地域では1000gal40~50セント)。しかしここカリフォルニアコアリンガの人々にとっては普通払わねばならぬ金額の15%にすぎぬ以前は他からタンク車で輸送し9ドルもかかっていた,1952年塩水法が成立して経済的な真水への変換が研究開発され実用化されるようになった,ここではその変換法として瞬間蒸留法,電気透析法,蒸気圧力法,凍結融解法について概説し実際のプラントを例に特質をのべ将来の可能性を検討;写4図6表2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る