{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602001952165805   整理番号:58A0053361

エナメル線の耐熱性の評価における伸びの効果

Elongation as a Factor in Evaluating the Thermal Sta-bility of Enameled Wire.
著者 (2件):
資料名:
巻: 1958  号: 38  ページ: 814-817  発行年: 1958年
JST資料番号: A0340A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
エナメル線の放置劣化,熱劣化,ワニスショック抵抗などに対し,伸びが悪い影響を.与える例を示す.角形エナメル線に対する熱ショックとワニスショックの試験方法を述べた.角形エナメル線の開発のためには伸びの影響を考慮する必要があり,このことがAIEEの電気絶縁材料委員会資料No.57に付加されるべきだと述べている.討論付
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る