{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602002028424612   整理番号:58A0056565

限流リアクタの細胞式構造

Cell Construction for Current-Limiting Reactors.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1958  号: 36  ページ: 264-268  発行年: 1958年 
JST資料番号: A0340A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
限流リアクタにおいては電流の大小にかかわらず一定のインダクタンスを有することが必要であり,そのために磁性材料は磁界のリラクタンスを吸収しない.ように,ある程度以上コイルから離し,導電材料はコイル磁束で電流を生じない距離に離しておかねばならない。これらの構造材料の位置関係とコイルのアンベアターンとの関係についで実験を記す
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る