{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602002085675699   整理番号:58A0051481

臭化銀粒手の構造と写真乳剤の感光度との関係

Zusammenhang zwischen der Struktur der Silberbromid-Koerner und der Empfindlichkeit photographischer Emulsionen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 10  号: 11  ページ: 525-531  発行年: 1958年
JST資料番号: E0428A  ISSN: 0044-2283  CODEN: ZAPHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
感光乳剤粒子のデバイーシェラー線の半値幅を正確に測り,可干渉格子の範囲を決め,それと感光度との関係を束めた。おもな結論の一つは潜像は主として内部表面(一様な格子範囲の境界)に生ずるということである
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る