{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602002189080956   整理番号:62A0094195

インシュリンによる血糖低下中における中枢神経系のセリンおよびコラミン結合性りん脂質とたんぱく質との悶係

Das Verhalten der Proteine und der serin-und colamin-haltigen Phosphatide des Zentralnervensystems waehrend der Insulinhypoglykaemie.
著者 (3件):
資料名:
巻: 326  号: 5/6  ページ: 227-234  発行年: 1961年
JST資料番号: D0262A  ISSN: 0018-4888  CODEN: HSZPAZ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
多量のインシュリン投与後のラット脳におけるりん脂質結合性のセリンおよびコラミン量は約10%低下するが,たんぱく量は変らないことよりこのような状態にかけるエネルギー源としてのこれらのりん脂質の役割を検討

前のページに戻る