{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602002246899266   整理番号:66A0080792

篩合け装置

著者 (1件):
資料名:
巻: 10  号:ページ: 101-105  発行年: 1966年
JST資料番号: G0108A  ISSN: 0451-2030  CODEN: KAKJA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
固体原料を取扱う工程において,原料および製品のふるい分け操作は重要な工程要素である。ふるい分け機を選定するさいの基準となるのは,粒体の大きさである。そして,粗粒,中粒,細粒,微粉のふるい分けについて,傾斜円振動ふるい,楕円振動ふるい,ローヘッド型,エリプテックス型,共振形振動ふるい,電磁振動ふるい,旋回ふるいの各形式の適用範囲をのべ,さらに,粒体の大きさ以外の条件による選定として,湿った原料,粒体の形状,湿式,水洗,脱水篩,高温原料の場合についてそれぞれの対策についてのべているが,一般的なふるい分けのものにくらべて高価となることを示している;写7図10
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る