{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602002255046209   整理番号:66A0208811

順序機械にわけるコード変換

Code transformation in sequential machines.
著者 (1件):
資料名:
巻: 14  号:ページ: 822-829  発行年: 1965年
JST資料番号: C0233A  CODEN: IEECA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
帰還線に遅延素子を持った同期式の順序回路の動作は,組合わせ回路部分と遅延素子部分のそれぞれの機能を論理行列で表現すれば,それらと入力,出力,現在の状態,次の状態のペクトルとの組合わせで数式で記述できる。この式について,コード変換を行っても,外部から見た動作は全く変えないようにすることは可能である。変換された回路は,行列と遅延素子に変換機をいくつか加えたものになるが,これがもとのよリスイッチング回路として優位性があればとれを用いた方がよい。行列の変換の手続自体は元の並べかえだけで簡単である;図7参10
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る