{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602002352112305   整理番号:66A0226437

チタン合金の研究に光学的ミクロ分析の利用

Use of optical emission microanalysis in the study of titanium alloys.
著者 (3件):
資料名:
号: F-338  ページ: 321-331  発行年: 1965年
JST資料番号: B0399B  CODEN: NASSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
従来の光学的放射ミクロ分析法を改良し,10-5~10-6gの微量分析を可能とし,純テタンの酸化過程にかける表面層の化学成分の研究に利用した。1,100および1,200。の酸化温度で金属の不純物成分としてのC,Si とNは深さが10~15μ深さの金属表面層に凝集されている。なおこの層は極めて化学的に安定でチタンの炭化物および窒化物のかたさに匹敵する高いかたさを持つ。また表面層の酸素含有量は0、1%以上である。また合金の組織や不均一性の確認のために金相学的研究も併用した。単相チタン酸化時に,生成酸化層の厚さは酸素濃度に比例しすなわちα-Tiに溶解した酸素の多い程TiO2層は厚い;図5 表1 参3
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る