{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602002441456980   整理番号:66A0195047

負荷開放に伴なう過渡的な過電圧

Overvoltage transients follow load rejection.
著者 (2件):
資料名:
巻: 166  号: 14  ページ: 107-108  発行年: 1966年
JST資料番号: B0447A  ISSN: 0013-4457  CODEN: ELWOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
超高圧系統の絶縁状態を決定する要素に開閉サージなどの他に負荷開放に伴なう過渡的な過電圧がある。これは系統端末のしゃ断器を開いた時に起るもので,その状態は三つの部分に別けられる。第1はしゃ断器の開放に伴うもので通常の開閉サージと同じで1~2c/s続く。第2は機器の高い内部電圧によるものである。第3は自己励磁である。この問題についてディジタル計算機とアナρグ型の解析器を用いて研究が行なわれている。第1の状態は解析器によ参三相の系統モデルに負荷を加えたり,開いたりして再現し,第2,第3の状態は計算機により模擬系統を作って行なう;図2
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る