{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602002446861840   整理番号:58A0057698

単体型回転子のインダクション・クラッチを設計するときの若干の問題

Некоторые вопросы проектирования аси,нх ровных муфт с монолитным якорем.
著者 (1件):
資料名:
巻: 19  号:ページ: 800-808  発行年: 1958年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
2次回転子がドラム型のクラッチにつき,1次回転子を磁極の構造によって4種に分けそれぞれのづ場合におけるギャップと2次回転子内との磁場に開する連立方程式を解き,最大トルクと臨界滑りの計算公式を導き設計の基準にずることを論じた。また上の4種の比較を行い,設計上の注意を列記した
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る