{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602002453546985   整理番号:58A0064094

Rhuenda頭がい骨の相対的年代決定にふっ素・ウラン硝酸分析の応用

Application of fluorine, uranium and nitrogen analysis to the relative dating of the Rhuenda Skull.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1958  号: 3/4  ページ: 130-136  発行年: 1958年
JST資料番号: B0593A  ISSN: 0028-3630  CODEN: NJGMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Fuenda産の頭がい骨の層序学的時代。そのふっ素・ウラン・たんぱく質の含有量をHesseやドイツ各地からの標本のものと比較した。F/P2O5×100の値は外帯で4.6,内帯で4.0である。Wurm期より古ぐない

前のページに戻る