{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602002521035595   整理番号:66A0091576

曳網中のヨイングについて皿

著者 (1件):
資料名:
号: 35  ページ: 29-37  発行年: 1966年
JST資料番号: F0535A  ISSN: 0466-6607  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
9-定の張力を受けて航行中のサイドトロール漁船の運動を解析。運動方程式を立て解を考察し数値計算をした。船尾玄側に引網張力の支点をもつようにえい網すると,直進中の針路安定性を増す。えい網中の運動は船体そのものの針路安定性が良い場合は丱周期性減衰項が主となり,悪い場合は周期性減衰項が主となる。かじ取を加えても微小偏角をもつ横滑り状態で落着き,針路かく乱後重心の移動方向ももとの針路に完全に復原しない。適当な当てかじによ)針路かく乱後の重心移動方向を元の針路に復原することができる。えい網張力が増すと偏角,横滑り角を増して定常状態になる;図9参4
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る