{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602002575372104   整理番号:66A0147229

ゾーン電気泳動によ参分離したたんばく質分解酵素の直接の検出

Direct detection of proteolytic enzymes that have been separated by zone electrophoresis.
著者 (1件):
資料名:
巻: 17  号:ページ: 84-92  発行年: 1966年
JST資料番号: H0177B  ISSN: 0003-2697  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ゾーン電気泳動で分離したたんばく質分解酵素の直接の検出法を述べた。酢酸セル一スの電気泳動の小片の上に,そう類の色素たんぱく質を置き,たんばく質分解の活性を活性ある層の色素たんばく質の脱色の観察で検出する。この方法は,活性たんばく質の同定と酵素の精製度と活性の決定に使用可能;図2参6
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る