{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602002640049090   整理番号:66A0248573

折り曲げられた形材の応力解析への寄与

Beitrag zur Spannungsermittlung in Abkantprofilen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 18  号:ページ: 253-262  発行年: 1966年
JST資料番号: C0416A  ISSN: 0023-3625  CODEN: KMAGAA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
薄板を折り曲げて剛性の高い断面形状にした構造材では力を加えた場合の応力状態にははりの曲げ理論を適用することは許されない,これは横荷重を加えたために生ずるせん断力によって構造材の横断面が変形するからである.2種の断面形状の構造材に横荷重を加えた場合の応力状態をWlassowの曲げ加工論を用いて算出した。この結果にもとずいてはりの微少変形理論で仮定される横断面中の垂直応力の直線的分布ではどの程度誤差を生ずるか,また横方向の曲げモーメントはどうかを検討している。最後に実験的に求められた結果と比較を行なっている;写1図11表4参20
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る