{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602002690247313   整理番号:58A0026627

錯化含物の研究に薄するイオン交換の応用 J エチレンジアミン・ニッケル錯化合物

Использование ионного обмена для изучения комплексных соединений. I. Этилендиаминовый комплекс никеля.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 1521 - 1524  発行年: 1958年
JST資料番号: R0138A  ISSN: 0044-457X  CODEN: ZNOKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[Ni(en)3]2+の方がNi2+より陽イオン交換樹脂に対する吸着性が大きい。[Ni(en)3]2+/Na+およびNi2+/Na+の交換反応について△Hはそれぞれ-600cal/molおよび600cal/molである

前のページに戻る