{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602002718855659   整理番号:62A0112037

粘度調整剤の撰択に対する新しい試み

New scheme for selecting viscosity-index improvers.
著者 (2件):
資料名:
巻: 18  号:ページ: 230-236  発行年: 1962年
JST資料番号: C0445A  ISSN: 0024-7154  CODEN: LUENA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
潤滑油の粘度を調整するためのポリマー添加剤の価値を定める資料を得るために,2種の油,SAE 5Wと10を用い,種々なポリマー剤を混ぜて100°Fと210°Fの粘度を測定した。この二つの温度の粘度を等間隔の混合率について両対数方眼紙上にプロットすると直線になることが分かつた。ポリマーの分子量と粘度には,ある種の関係かあること。0°F位の場合の冷間始動性に対する添加剤の影響を知る上にも本試験が参考になること等が分かつた。本文はこの試験の報告;図7表2参8
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る