{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602002720566044   整理番号:58A0053785

測定技術の進歩と抜取り試験

Trends in 11 Key Areas : Metering - Sample Testing Leads List.
資料名:
巻: 150  号: 26  ページ: 44-45  発行年: 1958年
JST資料番号: B0447A  ISSN: 0013-4457  CODEN: ELWOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電力工学における無作為抜取り試験の傾向など最近の測定技術の動向を記述した.たとえば測定技術の改良により電力系統のkW損失も大幅に低減できることなどを指摘,無作為抜取り試験が電力工学の分野で重要な手法となって来たことを強調
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る