{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602002735649850   整理番号:66A0103904

ヘキサタンタル酸オクトカリウム溶液と塩化バリウム間の複分解

Double decomposition entre les solutions d’hexatan-talate octopotassique et le chlorure de baryum.lveartie.
著者 (4件):
資料名:
巻: 1965  号: 11  ページ: 3173-3176  発行年: 1965年
JST資料番号: B0150A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
K8Ta6の19溶液にBaCl2を添加して得た爆Hおよび電導率変化曲線から相当する難溶性バリウム塩を証明し,その形成機構を知り,Ta6O198-イオンと,より酸性の2個の陰イオン種の存在を間接的に証明。Ba4Ta6O1916H2Oの実際の溶解度積P論〔Ta6O198-〕旧a2+〕4=2.82.103ささらに一定条件中,Ba4Ta6O19aq.のタンタルを迅速定量;参1
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る