{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602002752131007   整理番号:58A0055487

平行送電線間相互誘導がリレー保護におよぼす影響平行線間の相互誘導は短絡の際における零相電流の大きさと配分に影響し,リレー保護装置の選択計算に対しこの電流は考慮されている

Влияние взаимоиндукции между параллель-ными линиями на работу релейной защиты.
著者 (1件):
資料名:
巻: 29  号:ページ: 62-63  発行年: 1958年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
近年諸電力系統において平行110~220kV線間の相互誘導を計算しないことから接地最大電力保護の働きが正しくない場合が認められる

前のページに戻る